メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中 閣僚級格上げ焦点 通商協議、歩み寄り探る

 【北京・赤間清広】米中両政府は8日、前日に続き、北京で次官級の通商協議を開いた。貿易や産業政策を巡り対立を深める米中が歩み寄り、閣僚級などハイレベル交渉につなげられるかが焦点だ。

 米国側はゲリッシュ通商代表部(USTR)次席代表のほか、農務、財務、エネルギーなど複数の省庁担当者による交渉団を組織。中国側の王受文・商務次官らと協議した。

 トランプ米大統領は8日、ツイッターに「中国との協議はとても順調に進んでいる」と投稿。ロス米商務長官…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです