メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工訴訟で資産差し押さえ 政府、韓国に協議申し入れへ

最高裁判決の確定後、記者会見する李春植さん(中央)=ソウルの最高裁判所で2018年10月30日、堀山明子撮影

 韓国最高裁が昨年10月、新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟で9日、同社が韓国司法当局から社有資産の差し押さえ通知を受けたと日本政府関係者が明らかにした。日本政府は同日中に外交ルートを通じ、1965年の日韓請求権協定に基づく政府間協議を韓国政府に申し入れ、賠償問題への対応を求める方針だ。

 差し押さえの対象となったのは、新日鉄住…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文274文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです