メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

離島覆うプラスチックごみ 砂浜に3770万個 英領ヘンダーソン島

無人島の世界遺産、英領ヘンダーソン島で見つかったプラスチックごみを背負ったヤドカリ=2015年(ジェニファー・レイバースさん提供)

 人間の活動から最も遠い離島の環境をもむしばむ海洋のプラスチックごみ。汚染の拡大は深刻だが、その現状や影響で解明されていない部分も多い。専門家らは、気候変動対策と同様、国際的な連携による検証や対策が急務だと声を上げている。【ブリュッセル八田浩輔】

 南米チリの沿岸から西へ5000キロ。南太平洋に浮かぶ英領ヘンダーソン島は、世界で最も隔絶された無人島の一つだ。独自に進化を遂げた固有の動植物を含む生態系がほぼ手つかずで残り、1988年に世界遺産に指定された。上陸には許可が必要でアクセスの悪さもあり、現地調査は数年おきにしか行われない。

 2015年5月に初めてこの島を訪れた豪タスマニア大学の海洋生物学者、ジェニファー・レイバースさんは…

この記事は有料記事です。

残り1830文字(全文2147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです