メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工訴訟差し押さえ 韓国外務省「綿密に検討」

 【ソウル堀山明子】日韓請求権協定に基づく2国間協議について韓国外務省は9日、「日本側の要請については綿密に検討する」とのコメントを出した。最高裁判決後、韓国政府見解をまとめる役割を担っていた李洛淵(イナギョン)首相側は反応を示していない。元徴用工訴訟問題に関する文在寅(ムンジェイン)政府見解の整理が難航する中、協議受け入れを決めかねている状況だ。

 韓国大統領府の金宜謙(キムウィギョム)報道官は9日の記者会見で、新任の盧英敏(ノヨンミン)秘書室長…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです