メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太宰「津軽」に登場 「鯛事件」の女中判明 地元の主婦が調査

太宰治の小説「津軽」に登場する女中の調査を振り返る牧野和香子さん=青森県藤崎町で

 文豪・太宰治が1944年、津軽半島を約3週間かけて旅してつづった小説「津軽」。その中で描かれた三厩村(現青森県外ケ浜町三厩)の旅館で起きた“鯛(たい)事件”について、三厩在住の主婦、牧野和香子さん(67)が登場する女中が誰だったのかを突き止めた。【北山夏帆】

 鯛事件は44年5月、三厩の丸山旅館に2尺(約60センチ)のタイを持ち込んだ太宰が、女中に姿焼きを頼んだものの、切り身で振る舞われて憤慨したという小説の一幕。女中が誰なのか分かっていなかったが、牧野さんの独自調査で、当時住み込みで働いていた新谷左んこさんだと分かった。

 きっかけは、牧野さんが今別町の歴史と文化を記録する「いまべつを語り継ぐ会」(熊谷範一会長)に参加し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです