メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 エスカレーター「片側空け」 鉄道会社などが見直し呼びかけ

福岡市地下鉄天神駅のエスカレーター。右側は急いで歩く人のため空けられています=福岡市で

 鉄道てつどうえきなどでエスカレーターの片側かたがわを、あるひとのためにける習慣しゅうかんがあります。あるひとによる事故じこあとたないため、全国ぜんこく鉄道会社てつどうがいしゃなどがこの習慣しゅうかん見直みなおしをびかけています。見直みなおしに賛否さんぴこえはありますが、2れつちのほう移動いどう時間じかんみじかいという研究けんきゅうまれています。【宗岡敬介むねおかけいすけ

     エスカレーターの歴史れきしくわしい江戸川大学えどがわだいがく斗鬼正一ときまさかず教授きょうじゅ文化人類学ぶんかじんるいがく)によると、片側かたがわけは1944ねんごろにイギリス・ロンドンの地下鉄ちかてつはじまったとされます。日本にっぽんでは、67ねんすぎに阪急はんきゅう梅田駅うめだえき大阪市おおさかし)でびかけられたのがはじまりで、2000年代ねんだいには商業施設しょうぎょうしせつなどにもひろがったといわれています。片側かたがわけの習慣しゅうかんは、地域ちいきによってける位置いちちがいます。東京とうきょう福岡ふくおかなど全国ぜんこくおおくの地域ちいき右側みぎがわけますが、大阪おおさかでは左側ひだりがわけます。

     日本にほんエレベーター協会きょうかい東京都とうきょうと)のまとめでは、エスカレーターでの転倒てんとう事故じこは359けん(03~04ねん)から1023けん(13~14ねん)とつづけています。一般いっぱんてきなエスカレーターのはばやく1メートルとせまく、どう協会きょうかいは「あるいてしを想定そうていした設計せっけいにはなっていない」としています。

     全国ぜんこく鉄道会社てつどうがいしゃ商業施設しょうぎょうしせつなどは昨年さくねんなつすりにつかまり2れつでの利用りようびかけるキャンペーンをおこないました。JR東日本ひがしにほん昨年さくねん12がつ中旬ちゅうじゅんから、東京駅とうきょうえき警備員けいびいん見回みまわりをするなどといったみをはじめました。また、東京都とうきょうと理学療法士りがくりょうほうし協会きょうかい東京とうきょうパラリンピックをひかえ、16ねんにエスカレーターマナーアップ推進すいしん委員会いいんかいをつくり、まっての利用りようびかけています。

     片側かたがわ習慣しゅうかん見直みなおうごきに、利用者りようしゃからはさまざまなこえかれます。ちいさいどもがいる母親ははおやらには「どもにあたったら大変たいへん」などとして2れつちを支持しじするこえ目立めだ一方いっぽう通勤つうきん通学つうがくいそ高校生こうこうせいは「学校がっこう遅刻ちこくしそうなときなどは右側みぎがわがれる。片側かたがわけには賛成さんせい」とはなします。

    れつちのほうはや研究けんきゅう

     エスカレーターは、片側かたがわけるよりも2れつちで利用りようしたほうが、全体ぜんたい移動いどう時間じかんみじかくなるという分析ぶんせき結果けっかがあります。構造計画研究所こうぞうけいかくけんきゅうしょ東京都とうきょうと)は、全長ぜんちょう30メートルのエスカレーターで350にんとおけるまでの時間じかんくらべました。2れつちは前後ぜんご間隔かんかくを1だんけ、片側かたがわけの場合ばあいには右側みぎがわ歩行者ほこうしゃは2だんけてあるき、全体ぜんたいの3わり右側みぎがわあるくという条件じょうけんにしました。結果けっかは、全員ぜんいんとおけた時間じかんが2れつちは6ぷん49びょう片側かたがわけは7ふん35びょうで、2れつちのほうが46びょうはやかったのです。

     エスカレーターのながさやある速度そくどなど状況じょうきょうにもよりますが、どう研究所けんきゅうしょは、片側かたがわけはってがわれつながくなって混雑こんざつこす可能性かのうせいもあり、安全あんぜんめんなどをかんがえれば2れつちのほうがメリットがおおきいとしています。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
    2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
    3. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
    4. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
    5. 尼崎 「学校だより」に他校記事 中学校長が無断転載

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです