メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

仏黄色いベスト運動、警官殴打のボクサーに多額の寄付と支持

1月8日、フランスの燃料税引き上げへの抗議に端を発した「黄色いベスト」運動で、週末に機動隊の警官を殴打する動画が投稿された元ボクシング・チャンピオンに、ソーシャルメディアを通じて支持や寄付の表明が多数寄せられている。写真は1月5日撮影(2019年 ロイター/Gonzalo Fuentes )

[PR]

 [パリ 8日 ロイター] - フランスの燃料税引き上げへの抗議に端を発した「黄色いベスト」運動で、週末に機動隊の警官を殴打する動画が投稿された元ボクシング・チャンピオンに、ソーシャルメディアを通じて支持や寄付の表明が多数寄せられている。

 殴打事件を起こしたのは、ライトヘビー級国内チャンピオンのタイトルを2度勝ち取ったクリストフ・デッティンガー氏。封鎖されていた歩道橋のガードレール飛び越え、警棒と楯をで武装した複数の警官に殴りかかった場面が撮影された。

 デッティンガー氏は7日に自首し、自己防衛していたと主張しているが、現在も拘留されている。

 デッティンガー氏への資金援助のため開設されたサイトには、8日時点で11万4000ユーロ(約1420万円)を超える寄付表明が寄せられている。フェイスブックでは「クリストフ・デッティンガー支援」と題されたページが多数開設され、その1つには3000を超える「いいね」が付いている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです