メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

新語・流行語大賞ノミネート「TikTok」 動画で「盛る」のはなぜ?

渋谷駅前で動画を撮影する友達同士。若者たちは日常の思い出もスマートフォンの中に残す=東京都渋谷区で

 動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」が若者たちに人気だ。学校や自宅で踊ったりポーズを決めたり、スマートフォンでとにかく撮りまくってインターネットで公開する。「インスタ映え」に続くこの現象。背景には一体何が--。【鈴木梢】

対人関係「1対1」から「1対みんな」へ

 東京で暮らすあおみさん(19)はTikTokに、グループで覚えたダンス動画を投稿している。動画を見た人と仲良くなることもあり、仲間とのつながりを実感できる。あおみさんの友達の一人は元カレに別れたことを後悔させたくて、満ち足りた表情の動画をアップして「今、こんなに幸せなんだ」と訴える。「有名になりたい」との願望がある別の友達は、お気に入りの顔でカメラ目線を送り、閲覧数6万9000回を稼ぐ。

 TikTokは中国の企業が開発し、音楽に合わせて15秒までの動画を投稿できる。日本では2017年か…

この記事は有料記事です。

残り2411文字(全文2793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです