メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

新語・流行語大賞ノミネート「TikTok」 動画で「盛る」のはなぜ?

渋谷駅前で動画を撮影する友達同士。若者たちは日常の思い出もスマートフォンの中に残す=東京都渋谷区で

 動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」が若者たちに人気だ。学校や自宅で踊ったりポーズを決めたり、スマートフォンでとにかく撮りまくってインターネットで公開する。「インスタ映え」に続くこの現象。背景には一体何が--。【鈴木梢】

 東京で暮らすあおみさん(19)はTikTokに、グループで覚えたダンス動画を投稿している。動画を見た人と仲良くなることもあり、仲間とのつながりを実感できる。あおみさんの友達の一人は元カレに別れたことを後悔させたくて、満ち足りた表情の動画をアップして「今、こんなに幸せなんだ」と訴える。「有名になりたい」との願望がある別の友達は、お気に入りの顔でカメラ目線を送り、閲覧数6万9000回を稼ぐ。

 TikTokは中国の企業が開発し、音楽に合わせて15秒までの動画を投稿できる。日本では2017年からサービスを開始し、国内の月間総再生回数は130億回を超えている。昨年末、「現代用語の基礎知識選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた。

この記事は有料記事です。

残り2353文字(全文2793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ関連の解雇6万人超す 20日余りで1万人増 厚労省

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです