メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

新語・流行語大賞ノミネート「TikTok」 動画で「盛る」のはなぜ?

渋谷駅前で動画を撮影する友達同士。若者たちは日常の思い出もスマートフォンの中に残す=東京都渋谷区で

 動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」が若者たちに人気だ。学校や自宅で踊ったりポーズを決めたり、スマートフォンでとにかく撮りまくってインターネットで公開する。「インスタ映え」に続くこの現象。背景には一体何が--。【鈴木梢】

対人関係「1対1」から「1対みんな」へ

 東京で暮らすあおみさん(19)はTikTokに、グループで覚えたダンス動画を投稿している。動画を見た人と仲良くなることもあり、仲間とのつながりを実感できる。あおみさんの友達の一人は元カレに別れたことを後悔させたくて、満ち足りた表情の動画をアップして「今、こんなに幸せなんだ」と訴える。「有名になりたい」との願望がある別の友達は、お気に入りの顔でカメラ目線を送り、閲覧数6万9000回を稼ぐ。

 TikTokは中国の企業が開発し、音楽に合わせて15秒までの動画を投稿できる。日本では2017年からサービスを開始し、国内の月間総再生回数は130億回を超えている。昨年末、「現代用語の基礎知識選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた。

この記事は有料記事です。

残り2334文字(全文2793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです