メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

ぜんそく死、なぜ根絶できぬ? 吸入薬、正しく継続が重要

 かつて年間7000人を超えていたぜんそくによる死者は治療の進歩で大きく減少したが、いまだゼロにはなっていない。治らない原因の多くは、治療の基本である吸入薬の中断や使い方の誤りによるとみられる。どうすれば薬を正しく継続できるか。医療者のスキルを向上させて対応しようと活動する団体を取材した。

症状治まっても炎症続く/薬ごとの使用法守って/専門家の指導制度必要

 厚生労働省の人口動態統計によると、2017年のぜんそく死は1794人。過去30年で最多だった1995年(7253人)の約4分の1で、死者の92%は65歳以上だ。

 ぜんそく治療に詳しい浅野浩一郎東海大教授(呼吸器内科)によると、死者の大幅減をもたらしたのは吸入ス…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1481文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです