メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

人生の着地を穏やかに 後閑愛実さん

 病院勤務の傍ら、講演を通して人生の最期の迎え方を助言している看護師の後閑(ごかん)愛実さん(38)が初めての著書「後悔しない死の迎え方」(ダイヤモンド社)を出版した。

 埼玉県出身。関東の病院で15年ほど働き、多くの死と向き合ってきた。「患者さんがどういう最期を迎えるかについて、家族で話し合いがなく、後悔が残るケースが多い。誰もがいつかは死…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」 清水寺で揮毫

  2. 「勉強教える」 小学校内で児童にわいせつ疑い 講師を逮捕 大阪・門真

  3. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  4. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  5. 和泉首相補佐官、出張中に私的観光 官房長官「私費で移動」問題視せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです