メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイド天元

常識覆す若き才能

 仲邑菫(すみれ)さん(9)、史上最年少プロ誕生決定の報で幕を開けた今年の囲碁界。新制度「英才特別採用」による推薦で、対局を勝ち抜きプロになったのではないと経緯や実力を疑問視する向きもあろう。しかし、年末の張栩名人との試験対局や、本因坊文裕(井山裕太九段)との公開対局の内容は圧巻で、その実力と可能性は多くの棋士らが驚嘆し、認めるところになった。

 今後は本人の努力は当然として、制度を作った日本棋院をはじめ、囲碁界が従来のしがらみや発想にとらわれ…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文606文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです