メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

初春花形新派公演「日本橋」 名コンビ 緑郎、雪之丞=評・小玉祥子

(左から)雪之丞のお孝、緑郎の葛木=松竹提供

 日本橋の花柳界を舞台にした泉鏡花の名作に、歌舞伎界から新派入りした喜多村緑郎、河合雪之丞が挑戦し、大きな成果を上げた。名コンビである。齋藤雅文演出。

 芸者、お孝(雪之丞)は、張り合う芸者の清葉(高橋惠子)にふられた医学士、葛木(緑郎)と恋仲になる。だが、お孝が捨てた五十嵐(田口守)は彼女をしつように付け回していた。

 お孝は憧れ以上の感情を清葉に抱き、清葉が袖にした男を次々と恋人にしていた。その一人であった葛木にお…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです