メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初春歌合戦

名曲たっぷり、2人紅白で 新歌舞伎座で競演 五木ひろし、天童よしみ

新歌舞伎座で「初春歌合戦」を開く五木ひろし(右)と天童よしみ=大阪市北区で、関雄輔撮影

 開場60周年を迎えた新歌舞伎座(大阪市天王寺区)で9日、五木ひろしと天童よしみによる「初春歌合戦」の幕が開いた。記念の年の新春を祝い、長年にわたって日本の歌謡界をリードしてきた2人が、昭和の名曲からそれぞれのヒット曲まで多彩な歌を披露する華やかなステージだ。

 新歌舞伎座は1958年10月に大阪・難波に開場し、2010年に現在地に移転。演歌歌手の座長公演を中心に、時代を彩るさまざまなステージを届けてきた。76年から定期的に公演を開いてきた五木は「僕は新歌舞伎座のお客様に育てていただいた」と振り返る。

 五木の特別公演に天童がゲスト出演したことはあるが、本格的な競演は初めて。「力の限り精いっぱい歌い合…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1030文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです