メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
初春歌合戦

名曲たっぷり、2人紅白で 新歌舞伎座で競演 五木ひろし、天童よしみ

新歌舞伎座で「初春歌合戦」を開く五木ひろし(右)と天童よしみ=大阪市北区で、関雄輔撮影

 開場60周年を迎えた新歌舞伎座(大阪市天王寺区)で9日、五木ひろしと天童よしみによる「初春歌合戦」の幕が開いた。記念の年の新春を祝い、長年にわたって日本の歌謡界をリードしてきた2人が、昭和の名曲からそれぞれのヒット曲まで多彩な歌を披露する華やかなステージだ。

 新歌舞伎座は1958年10月に大阪・難波に開場し、2010年に現在地に移転。演歌歌手の座長公演を中心に、時代を彩るさまざまなステージを届けてきた。76年から定期的に公演を開いてきた五木は「僕は新歌舞伎座のお客様に育てていただいた」と振り返る。

 五木の特別公演に天童がゲスト出演したことはあるが、本格的な競演は初めて。「力の限り精いっぱい歌い合…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1030文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです