メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初春歌合戦

名曲たっぷり、2人紅白で 新歌舞伎座で競演 五木ひろし、天童よしみ

新歌舞伎座で「初春歌合戦」を開く五木ひろし(右)と天童よしみ=大阪市北区で、関雄輔撮影

 開場60周年を迎えた新歌舞伎座(大阪市天王寺区)で9日、五木ひろしと天童よしみによる「初春歌合戦」の幕が開いた。記念の年の新春を祝い、長年にわたって日本の歌謡界をリードしてきた2人が、昭和の名曲からそれぞれのヒット曲まで多彩な歌を披露する華やかなステージだ。

 新歌舞伎座は1958年10月に大阪・難波に開場し、2010年に現在地に移転。演歌歌手の座長公演を中心に、時代を彩るさまざまなステージを届けてきた。76年から定期的に公演を開いてきた五木は「僕は新歌舞伎座のお客様に育てていただいた」と振り返る。

 五木の特別公演に天童がゲスト出演したことはあるが、本格的な競演は初めて。「力の限り精いっぱい歌い合…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです