メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

壱劇屋

野田秀樹作「TABOO」 12日、大阪・森ノ宮で

「TABOO」の演出を手がける壱劇屋座長の大熊隆太郎=大阪市福島区で関雄輔撮影

 大阪の劇団「壱劇屋」が12日、大阪市中央区の森ノ宮ピロティホールで初の公演を開く。座長の大熊隆太郎の演出で、野田秀樹の戯曲「TABOO」に挑む。

 2008年に本格的に活動を始めた壱劇屋は、パントマイムなどを駆使した多彩な舞台で人気を博してきた。10周年を記念し、商業演劇の人気作が集まる同ホールへの進出を決めた。

 「TABOO」は1996年に野田が主宰する「NODA・MAP」で初演。天皇の子でありながら旅芸人と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです