メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

啓翁桜

一足早い春 弘前で出荷始まる /青森

 真冬でも淡いピンクの花を咲かせる「啓翁桜(けいおうざくら)」の出荷が、弘前市にあるJAつがる弘前の促成施設で始まった。農協の職員が開花しそうな花を選別し、箱に詰める作業に追われている。

 啓翁桜は、観賞用や卒業式などに飾る花として人気があり、同JAが農閑期の組合員の収入源にしようと2002年に促成施設を整備。現在は弘前市や平川市碇ケ関、西目屋村などの組合員約…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです