メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

青果仲卸業一筋65年 佐々木省三さん(81) /岩手

 盛岡市中央卸売市場青果部の最古参。場内でてきぱきと仕事をこなし、今はリンゴで忙しくしている。付き合いの長い顧客が多く、自身で買い付けをして全国各地へ発送する。

 1914(大正3)年に祖父が始めた青果卸業。男4人兄弟の三男で、他の兄弟は安定を求めて会社員になった。戦後の混乱期に商売ができず、再開にこぎ着けた時に両親から「仕事を手伝ってほしい」と頼まれた。高校1年の冬、学校をやめて家業を手伝い始めた。当時は盛岡の中心部に近い南大通に店を構え、五つ玉のそろばんをはじいて商売をしていたという。

 68年、市中央卸売市場の開設と同時に店を法人化し、市場内に移転。父親から経営を引き継いだ。顧客の要…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです