メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平成のむすびに

東北から/6 1分1秒を大切に 懸賞生活あってこそ タレント・なすびさん

 平成時代の側面にあるのは、孤独や若者の自殺、希望の見えなさ……。次の時代を生きるために大切なことは何なのか。20年前に懸賞だけで生活するテレビ番組で人気を博し、2016年には4度目の挑戦でエベレスト登頂に成功したタレント、なすびさん(43)の歩みから考えたい。

 --テレビ局の一室に約30人の芸人らが集められた。バラエティー番組「電波少年シリーズ」の新企画オーディション。「一番運がいい人を選びます」。引いた三角くじに<当たり>とあった。

 「服も食べ物も懸賞で当てろ」。アパートの一室に閉じ込められ、裸で懸賞はがきを書き続けた。ドッグフー…

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1471文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです