メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

埼玉の30年/9 「トトロの森」と「おおたかの森」 森林保全、鍵は「人」 自然と里山の知恵、次世代へ /埼玉

 風にあおられて枯れ葉が、雨のように落ちる。鳥の声が三つ、四つ。誘われて、双眼鏡を木々のこずえに、茂みに向ける。自然のものにだけ耳を傾け、目を凝らし、深く息をする。「いい気持ちだ」。誰ともなく言った。

 昨年12月8日、所沢市三ケ島の狭山丘陵で8人が野鳥観察を楽しんだ。公益財団法人「トトロのふるさと基金」が取得した「トトロの森」20、21号地と県の緑のトラスト保全地、市の里山保全地域が入り組む森だ。

 所沢には狭山丘陵の「トトロの森」、市民団体「おおたかの森トラスト」が管理する平地林「おおたかの森」…

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1432文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです