メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JICA

開発途上国の法整備20年 歩みを本に ベトナムなど主要12カ国 当事者100人超語る /東京

 開発途上国の法整備を支援する活動に取り組んできた国際協力機構(JICA)が、これまでの活動の記録をまとめた「世界を変える日本式『法づくり』~途上国とともに歩む法整備支援」を発刊した。ベトナムでの民法起草から始まった支援は、20年間で主要12カ国に拡大。政府開発援助(ODA)の柱の一つになるまで成長した経緯が、各国に長期派遣された法律家の葛藤や奮闘ぶりとともにつまびらかにされている。【飯田憲】

 JICAの本格的な法整備支援は、1996年にベトナムで始まった。市場経済化に対応した民事法や商事法…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1085文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです