平セイ地巡礼

湖国のサブカル模様/4 忍者ブーム 海外ヒットで人気盤石 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「忍」の字の意味を説明する大木雅之助さん=滋賀県甲賀市甲南町で、礒野健一撮影
「忍」の字の意味を説明する大木雅之助さん=滋賀県甲賀市甲南町で、礒野健一撮影

 普段は正体を隠して仕事をこなし、いざという時は派手な術や隠し道具を駆使して敵を退ける「忍者」。人間離れしたアクションはハリウッド映画やアニメのキャラクターとしても人気を集め、その魅力は「NINJA」という世界共通語となって広まっている。

 忍者発祥の地として知られる甲賀市は「NINJA」ブームの恩恵を受けている。外国人観光客は2006年の約1・4万人から16年は約5万人と約3・5倍に急増。忍者の生活や忍術の一端を体験できる「甲賀の里忍術村」(甲賀町隠岐)や「甲賀流忍術屋敷」(甲南町竜法師)では忍者装束に着替えた外国人観光客が手裏剣を投げて楽しむ姿が日常だ。

 世界規模となった忍者人気を、アニメや映画などの忍術考証を担当し、アニメ「忍たま乱太郎」ではキャラクターとしても登場する大木雅之助さん(65)=甲賀市甲南町=は「大ブームにはならず、しかし一過性にもならない人気が継続してきた」と分析する。

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1218文字)

あわせて読みたい

注目の特集