メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れとろ探訪

花園ラグビー場 /大阪

半世紀以上前の花園ラグビー場。スタンドも小さく、グラウンドの数も少ない=1964年12月28日撮影

 東大阪市松原南にある東大阪市花園ラグビー場は、高校ラグビーの聖地である。戦前の1929(昭和4)年、当時の大阪電気軌道(現在の近鉄)が競馬場の跡地に「大軌花園ラグビー場」を建設し、11月22日に開場式が開催された。秩父宮ご夫妻を迎え、約3万人で満員になったという。午後3時12分のキックオフで始まった全日本選抜OBと学生チームの対戦は、予想に反して学生チームが勝利したと当時の新聞に書かれている。

 年末から年始に開催される全国高等学校ラグビーフットボール大会は17(大正6)年に豊中運動場で始まっ…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文499文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 所持金は10万円 拳銃に実弾1発発射の痕跡 拳銃強奪
  5. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです