メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪ねてみました

特別展「大高麗」=韓国ソウル・国立中央博物館 歴史ロマンに日韓交流

米ボストン美術館所蔵の銀製注子と承盤に見入る鄭銀珍さん=韓国ソウルの国立中央博物館で、中尾卓司撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 英語で韓国を示す「コリア」の語源となった高麗(918~1392)の建国1100年を記念する特別展「大高麗~燦爛(さんらん)たる挑み」が韓国ソウルの国立中央博物館で開かれている。高麗青磁を出品している大阪市立東洋陶磁美術館の学芸員とともに、歴史ロマンを伝える品々を鑑賞した。【中尾卓司】

 高麗は、日本や中国との間で仏教の文化が行き交い、高麗仏画や高麗青磁など美術文化が最高潮を迎えた時代…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1064文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです