メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

醤油ショコラ

新味覚 “洋と和”の店が共同開発 養父 /兵庫

醤油ショコラをPRする大徳醤油の浄慶拓志社長(左)と、ル・フルーヴの上垣河大代表=兵庫県養父市役所、松田学撮影

 店舗を持たず工房のみで営業する養父市大屋町蔵垣のショコラ専門店「ル・フルーヴ」と、同市十二所のしょうゆ製造業「大徳醤油(しょうゆ)」が共同で「醤油ショコラ」を開発し、販売を始めた。

 しょうゆを搾る前のもろみを焼き、イタリア産のアーモンドを使って仕上げた。ミルクとビターの2種類ある。洋と和が融合した…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです