メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第72回県展

美の祭典開幕 7部門230点展示 13日まで /和歌山

テープカットで開幕を祝う和歌山県企画政策局の横山達伸局長(中央)ら=和歌山市吹上1の県立近代美術館で、木原真希撮影

 第72回県美術展覧会(県展=県主催、県教委・県立近代美術館・県美術家協会・毎日新聞和歌山支局・県文化振興財団・橋本市・新宮市・上富田町共催)が9日、県立近代美術館(和歌山市吹上1)で開幕した。洋画▽日本画▽書▽写真▽工芸▽彫塑▽華道--の7部門に431点の応募があり、華道を除く入賞・入選作品226点を展示している。入場無料で13日まで。

 同館であった開会式で、県企画政策局の横山達伸局長が「みなさんの出品を通じて文化の底上げにつながって…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです