メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・箱崎

歴史紹介 多様な顔持つ重層的存在 九州大の移転機に考察、九州史学研究会24人が執筆

 博多湾の港町で、放生会で知られる神社・筥崎宮のある箱崎(福岡市東区)。その歴史を紹介する著作『アジアのなかの博多湾と箱崎』(九州史学研究会編、勉誠出版)が刊行された。九州大の箱崎キャンパスが昨年、伊都キャンパス(福岡市西区)に移転したのを機に、考古学や文献史学、美術史学、民俗学などの視点で多角的に考察している。

 九州史学研究会は九州大文学部に事務局を置く、日本史研究者による学術団体。同会の研究者ら24人が執筆…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文702文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS トミカファンのコレクター欲を刺激する「武将コレクション」 2月は「伊達政宗」を大胆デザイン
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断
  4. 4歳長女に傷害容疑、母逮捕 全身100カ所の傷痕 鹿児島
  5. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです