メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

手法変更示さず 昨年1月分から 04年から不正継承

 厚生労働省の「毎月勤労統計」の一部調査について本来と異なる手法が取られていた問題で、不正は2004年から続いていたことが同省関係者への取材で明らかになった。担当者間で引き継がれていたとみられる。失業給付金などが少なくとも数億円規模で過少になっていた恐れがあり、さらに膨らむ可能性もあるという。

 また、正規の方法に近づけるために昨年1月分から新たな統計処理を導入したにもかかわらず、調査手法の変更を公表していなかったことも判明した。

 同統計は賃金や労働時間、雇用の動向を示す。基本給や残業代などを合計した1人当たりの現金給与総額や前…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文716文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです