メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化/8(その1) 外の力、被災地支え

企業経営者らを連れて大川小の旧校舎を訪れ、遺族の佐藤和隆さん(左)の話に耳を傾ける立花貴さん(中央)=宮城県石巻市で2018年11月22日、喜屋武真之介撮影

 阪神大震災(1995年1月)と東日本大震災(2011年3月)という二つの大震災が起きた平成。水害や噴火災害も相次ぎ、この30年は「災害の時代」だった。災害が地域の課題を浮き彫りにする中、存在感を増したのが、災害ボランティアという地域の「外」から来た力だった。

 東日本大震災の津波で児童・教職員84人が犠牲になった宮城県石巻市の市立大川小。昨年11月22日、被災した姿のまま保存されている旧校舎を見て回る企業経営者らのグループがいた。

 「子どもたちは学校の管理の下で亡くなりました。この校舎は学校防災を学ぶための象徴として残しています…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです