メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化/8(その1) 外の力、被災地支え

企業経営者らを連れて大川小の旧校舎を訪れ、遺族の佐藤和隆さん(左)の話に耳を傾ける立花貴さん(中央)=宮城県石巻市で2018年11月22日、喜屋武真之介撮影

 阪神大震災(1995年1月)と東日本大震災(2011年3月)という二つの大震災が起きた平成。水害や噴火災害も相次ぎ、この30年は「災害の時代」だった。災害が地域の課題を浮き彫りにする中、存在感を増したのが、災害ボランティアという地域の「外」から来た力だった。

 東日本大震災の津波で児童・教職員84人が犠牲になった宮城県石巻市の市立大川小。昨年11月22日、被災した姿のまま保存されている旧校舎を見て回る企業経営者らのグループがいた。

 「子どもたちは学校の管理の下で亡くなりました。この校舎は学校防災を学ぶための象徴として残しています…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです