メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

初めて訪れる国でまず尋ねるのは…

[PR]

 初めて訪れる国でまず尋ねるのは「この国で、してはいけないタブーは何ですか」だった。「たとえば足を組んではいけないとか、日本人には何気ないことでもまず人の嫌がることを知っておくことでした」▲北極も南極も、訪れた場所は150カ国以上、総移動距離は地球180周分にも相当する。訃報(ふほう)が伝えられた旅行ジャーナリスト・兼高(かねたか)かおるさんが31年間、1586回にわたって続けたテレビ番組「兼高かおる 世界の旅」である▲テレビ放送が始まって7年目の1959年、まだ日本人の海外渡航が制限され、外貨持ち出し限度も1人1日あたり17ドルだった時代である。放送第1回のローマ取材はプロペラ機で香港経由、実に52時間をかけてたどりついたという▲取材はアポなし、段取りなし。出会った人の自宅を訪ねて食事を撮るという調子だから、最初にタブーを知る心構えは大切だったのだろう。ケネディ米大統領ら著名人との会見もあったが、取材相手のほとんどはその国の庶民だった▲海外旅行がまだ庶民には夢だった時代、日本人の外国へのあこがれと好奇心をかりたてた兼高さんの旅だった。かっこいい英語での会話にもまして耳に残るのは、「あれが~ですのよ」といった品のいい日本語のナレーションである▲番組が終わる少し前、兼高さんは乗ったタクシーの運転手に「番組で紹介したあそこ、この前行ってきたよ」と言われた。そうは簡単に行けぬ場所だった。「役割を果たした」。感慨がこみあげてきたという。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

    2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

    3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

    4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

    5. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです