メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化 市民ボランティア成熟 立命館大教授(ボランティア論)桜井政成さん

立命館大の桜井政成教授=大阪府茨木市で2018年12月10日、梅田麻衣子撮影

 平成の30年間で、災害時のボランティアの活動は洗練されていった。今はインターネットの発達もあって、事前に現地を調べ、ボランティア保険に入り、被災地に入ってボランティアセンターに登録し、静かに指示を待つ。食事や宿泊場所は自分で確保する「自己完結」という考え方も広まっている。

 大学1年だった1995年1月、阪神大震災が発生し、私は京都から被災地へ向かった。避難所となっていた神戸市東灘区の小学校にたどり着くと、被災者の男性から「にいちゃん、暇か」と声を掛けられた。取るものもとりあえず、壊れた自宅から私物を取り出すのを手伝った。

 阪神の被災地には、特別な技術は持たないが、多くの若者を含む“普通の市民”延べ140万人以上が「自分にもできることはないか」と集まった。これを一つの契機に98年12月、ボランティア団体に法人格を与えて活動を促進するため特定非営利活動促進法(NPO法)が施行された。

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです