メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

米国抜きの月面基地=坂東賢治

 <moku-go>

 「かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞふけにける」。大伴家持の作とされる百人一首の歌だ。かささぎの橋は宮中の階段を指すが、元々は中国の七夕伝説でひこ星と織り姫が出会えるように鵲(かささぎ)が羽を並べて天の川にかけるという「鵲橋(じゃっきょう)」のことだ。

 中国は年明け早々、月の裏側に世界で初めて探査機「嫦娥(じょうが)4号」を着陸させることに成功した。地球から電波が届かない月の裏側との通信を確保するため、昨年5月に打ち上げたのが「鵲橋」と名付けられた通信中継衛星だ。

 中国神話で月に住むという仙女「嫦娥」との橋渡しに七夕伝説を結びつけたところが中国らしい。嫦娥から切…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです