連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

献体なぜ増えた? 登録28万人 医療に「恩返し」、死生観の変化も=回答・清水健二

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
献体数と登録者数の推移
献体数と登録者数の推移

 なるほドリ 読者から「献体(けんたい)について教えてほしい」という質問をいただいたよ。

 記者 自分の遺体(いたい)を大学の医学部や歯学部に無償(むしょう)で提供するのが献体です。学生の解剖(かいぼう)学実習のほか、医師の技術向上のための解剖で用いられることもあります。遺骨が遺族の元に戻ってくるまで1~2年ほどかかりますが、遺体の引き渡し前に葬儀(そうぎ)を営むことは可能です。

 Q 臓器(ぞうき)提供とは違うんだね。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文751文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集