メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

献体なぜ増えた? 登録28万人 医療に「恩返し」、死生観の変化も=回答・清水健二

献体数と登録者数の推移

 なるほドリ 読者から「献体(けんたい)について教えてほしい」という質問をいただいたよ。

 記者 自分の遺体(いたい)を大学の医学部や歯学部に無償(むしょう)で提供するのが献体です。学生の解剖(かいぼう)学実習のほか、医師の技術向上のための解剖で用いられることもあります。遺骨が遺族の元に戻ってくるまで1~2年ほどかかりますが、遺体の引き渡し前に葬儀(そうぎ)を営むことは可能です。

 Q 臓器(ぞうき)提供とは違うんだね。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです