メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

ローマ法王来日の意味=上野景文 文明論考家・元駐バチカン大使

 本年後半、ローマ法王の来日が38年ぶりに実現する運びだ。フランシスコ法王は「国際的良心」と目され、かつ、「日本への思い」が強い。温かく迎えられるにふさわしい。

 ローマ法王とはいかなる存在か。ローマ法王は、全世界に根を張るカトリック教会の頂点に立ち、約13億人のカトリック教徒を束ねる「宗教指導者」だ。同時に、バチカン市国の「国家元首」として、バチカンを訪れる各国首脳らと次々に会見する一方で、貧困と格差、移民・難民問題、紛争の終結などの世俗的な諸問題について国際社会に警鐘を鳴らす「ご意見番」としての顔を持つ。

 日本滞在中、フランシスコ法王は、「宗教指導者」として、日本のカトリック教徒約45万人に祝福を与える…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです