メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか日露

識者の見方/4 安保の懸念払拭、鍵に 防衛研究所地域研究部長・兵頭慎治氏

インタビューに答える防衛研究所の兵頭慎治・地域研究部長=東京都新宿区で2018年12月5日、小川昌宏撮影

 ロシアは、軍が駐留する択捉、国後両島を手放すつもりはないだろう。色丹島と歯舞群島の引き渡しも楽観できないが、ロシアの安全保障上の懸念を軽減、払拭(ふっしょく)できれば、折り合う余地はある。

 北方領土の北にあるオホーツク海は、旧ソ連時代から、米国に向けて核兵器搭載の長距離弾道ミサイルを発射できる潜水艦が潜むロシアの「聖域」だ。最近では、中国が活用を目指す北極海航路の通り道でもあり、戦略的価値は増している。

 太平洋との間を隔てるクリル諸島(千島列島及び北方領土)も軍事的に重要で、露軍は2016年に新型の地…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1076文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです