メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは BSE全頭検査 科学的理解深める努力を=小島正美(元生活報道部・食生活ジャーナリスト)

 食に関する平成の大事件といえば、BSE(牛海綿状脳症)の発生だろう。この問題がきっかけで内閣府に食品安全委員会が誕生した。しかし、いま振り返ると、あのときの「全頭検査神話」が、その後の安全に対する科学的理解の大きな妨げになったと思える。その失敗はいまなお、東京電力福島第1原発事故後の食品の放射性物質検査に影を落としている。

この記事は有料記事です。

残り1852文字(全文2015文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです