メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

買い取り価格、2割下げ 料金上乗せ、家庭や企業の負担減

事業用太陽光発電の買い取り価格

 経済産業省の有識者会議は9日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、2019年度の事業用太陽光発電の買い取り価格を1キロワット時当たり14円とする経産省案を認めた。18年度の18円から2割以上の引き下げとなり、同省は3月末までの正式決定を目指す。【袴田貴行】

 FITは、再生エネで発電した電気を電力会社が決まった価格で一定期間買い取る制度。12年に始まり、再生エネの普及に一役買ってきた。一方で、買い取り費用は家庭や企業などの電気料金に上乗せされ、18年度は総額2・4兆円に達する。太陽光パネルの価格下…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです