メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産

逆境、新型車で勝負 「リーフe+」23日発売

電気自動車「リーフ」の新モデルを披露する日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長(右)と星野朝子専務執行役員=横浜市の日産グローバル本社で2019年1月9日、松本尚也撮影

 日産自動車は9日、主力の電気自動車(EV)「リーフ」に航続距離を大幅に伸ばした新モデル「リーフe+(イープラス)」を追加すると発表した。昨年12月の乗用車販売が前年同月比1割減に落ち込むなど前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)逮捕による混乱の影響がちらつく中、新型車投入でブランドイメージの向上を図る。【松本尚也、藤渕志保】

 「世の中にクルマを超えた価値を提供する。日産は人々をより豊かな世界に導く」。9日に横浜市の日産グローバル本社で開かれたリーフe+の発表披露会で、ダニエレ・スキラッチ副社長は誇らしげに語った。

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  5. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです