連載

展望・日本経済2019

2019年の景気見通しや戦略を経済界や主要企業のトップに聞いた。

連載一覧

展望・日本経済2019

「人生100年」に備え 日本生命保険・清水博社長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じる日本生命保険の清水博社長=東京都千代田区で2018年12月11日、後藤豪撮影
インタビューに応じる日本生命保険の清水博社長=東京都千代田区で2018年12月11日、後藤豪撮影

 --「人生100年時代」と言われます。死亡保険を基本としてきた生保会社の役割も変わるのでしょうか。

 ◆長寿化とともに、一人一人の人生に対する目的や保障ニーズは多様化している。(従来の主力である)死亡・重大疾病保障と貯蓄性商品との間を埋めるような、幅広い商品を持つ必要がある。近年では、生活習慣病を重点的に保障する保険や、長期の就業不能に備える保険、長生きするほど受取額が増える年金などを発売してきた。人生100年を過ごす資金的なお手伝いを、幅広い商品で提供していくのがあるべき姿だと思っている。

 --他の大手生保では、健康診断の結果が改善すれば保険料を割り引く「健康増進型保険」も出ています。日生の戦略は?

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文992文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集