メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

藤原良雄さん=フランス語フランス文学顕揚賞を受賞した

フランス語フランス文学顕揚賞を受賞した藤原書店社長の藤原良雄さん=東京都新宿区で2018年12月25日、棚部秀行撮影

 長年、フランス語の書籍を数多く翻訳出版してきた。その実績が評価され、フランスで最も権威がある学術賞の一つ「フランス語フランス文学顕揚賞」を受賞した。昨年12月、パリで開かれた授賞式に出席。「本当に格式の高い場所でした。ありがたいこと、この上ないですね」。朗らかに笑って喜びを語った。

 歴史書、思想書を主に出版する藤原書店(東京都新宿区)の社長。1990年に創業し、これまで刊行した約1300点のうち、フランス関連書籍が3割近くを占める。硬派な書籍の出版を続け、人文・社会科学系の研究者や専門家の信頼も厚い。「大事な本はたとえ売れなくても出して…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです