メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

今年の目標はスクリーンタイム減=パロアルトインサイトCEO・石角友愛

 米国では1月2日から通常営業に戻る。2019年も同じように始まった。毎年目標を設定するのだが、今年はパーソナルな目標の一つに「iPhone(アイフォーン)の画面を見ている時間を減らす」というものを掲げてみた。

 先日、米国人の友人と話をしていた時のことだ。彼女が突然、「スクリーンタイム見せてみて」と言った。iPhoneの新しい機能としてリリースされ、ユーザーがスクリーン漬けにならないように使用状況を可視化してくれ、アプリの使用制限機能を提供しているものだとは知ってはいたものの、今まで使っていなかったので、その場で初めて開けてみてがくぜんとした。

 なんと私は平均して1日3時間以上もiPhoneを使っていたのだ。そして友人は「私は1日の平均を1時間以内に収めるように努力している」と、平均58分の表示を見せてくれたのだった。彼女自身、シリコンバレーのIT企業で働いているエンジニアだ。そんな技術革新の真ん中にいる人がなぜ、意識的にスクリーンタイムを制限しようとしているのか、何かのアンチテーゼのように感じた。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです