メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航

機長、飲酒検査で替え玉 後輩に依頼、すり抜け 17年末

 日本航空は9日、2017年12月の成田-シカゴ線に乗務した男性機長(59)がアルコール検査を後輩の男性機長(53)に代わってもらって不正にすり抜けていたと明らかにした。日航は同年8月に新型感知器を導入して飲酒対策を強化したばかりだった。日航は国土交通省に報告していなかったが、10日発売の週刊誌が報じることが分かり、急きょ公表した。

 日航によると、この便には機長2人と副操縦士の計3人が乗務予定だった。先輩の機長が出発前の成田空港で予備の感知器で呼気を計測したところ社内基準(呼気1リットル中0・1ミリグラム)に近い0・09ミリグラムだったため、後輩にアルコール検査の替え玉を依頼していた。5日後に後輩の機長が上司に申告した。先輩の機長は「搭乗前日の午後8時半ごろまで、缶酎ハイ(350ミリリットル)3本を飲んだ」と説明したという。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  3. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです