メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

パイロット飲酒 背景に過重労働?

英国で副操縦士が飲酒のため乗務できなかった問題で、記者会見して陳謝する日本航空の赤坂祐二社長=東京都港区で2018年11月16日、和田大典撮影

 <access>

 航空各社でパイロットの飲酒による不祥事が続いている。昨年10月には基準値を上回るアルコールが検出されたとしてロンドン発羽田行きの日本航空機に搭乗予定の男性副操縦士が英警察に逮捕され、禁錮10月の実刑判決が言い渡された。航空業界の現状を探った。【和田浩幸】

空港24時間化、勤務がタイトに「限界ぎりぎり」 日航副操縦士「不規則勤務で不眠症、酒で解決」

 「路線や運航回数の増加に伴い、最近は1人当たりの勤務がタイトになっています」

 大手航空会社の国際線で操縦かんを握る40代の男性機長が打ち明ける。昨年12月のある日、午前11時過…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです