連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

パイロット飲酒 背景に過重労働?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
英国で副操縦士が飲酒のため乗務できなかった問題で、記者会見して陳謝する日本航空の赤坂祐二社長=東京都港区で2018年11月16日、和田大典撮影
英国で副操縦士が飲酒のため乗務できなかった問題で、記者会見して陳謝する日本航空の赤坂祐二社長=東京都港区で2018年11月16日、和田大典撮影

 <access>

 航空各社でパイロットの飲酒による不祥事が続いている。昨年10月には基準値を上回るアルコールが検出されたとしてロンドン発羽田行きの日本航空機に搭乗予定の男性副操縦士が英警察に逮捕され、禁錮10月の実刑判決が言い渡された。航空業界の現状を探った。【和田浩幸】

空港24時間化、勤務がタイトに「限界ぎりぎり」 日航副操縦士「不規則勤務で不眠症、酒で解決」

 「路線や運航回数の増加に伴い、最近は1人当たりの勤務がタイトになっています」

 大手航空会社の国際線で操縦かんを握る40代の男性機長が打ち明ける。昨年12月のある日、午前11時過ぎにインド・ムンバイに向け成田空港を出発。日本との時差は3時間半で、現地時間午後6時半(日本時間午後10時)ごろに着陸した。ホテルで床に就いたのは午後10時半(同翌日午前2時)ごろだった。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1292文字)

あわせて読みたい

注目の特集