メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

プロゴルファー・畑岡奈紗選手の両親 仁一さん、博美さん/下 海外修業、父が後押し

 10代から本格的にゴルフの道を歩み始めた畑岡奈紗選手(19)。その背中をさらに後押ししたのは父の仁一さん(53)の情熱と、多くの海外出張で磨いてきた交渉力だった。

 畑岡選手が中学1年生の夏、一家は旅行で韓国・大邱を訪れ、陸上の世界選手権を観戦した。ウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)の世界記録更新を目の前で見せたい、というのが仁一さんの狙いだったが、ボルト選手はまさかのフライングで失格。その翌日、仁一さんは「せっかくだから」と取引先に頼み、娘を現地の強豪ジュニア選手とラウンドさせたが、これが父娘の意識を変えた。

 韓国選手の一人は、のちに米ツアーに参戦した4歳上のペク・キュジュン選手。「奈紗はコースから上がって…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです