メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま/6 「出口」重視、変わる研究 50社アンケートからみる事業

 <科学の森>

財界、「基礎偏重」を批判

 「経営資源に限りがある中、研究開発についても、モノのサイエンスを扱う中央研究所的な領域から、別の新しい領域にシフトしていかねばならない」

 昨年11月にあった政府の総合科学技術・イノベーション会議の会合。議員の小林喜光・経済同友会代表幹事(72)が訴えると、他の議員からも「今までの延長線上でやっていても変わらない」(橋本和仁・物質・材料研究機構理事長)などと、同調する意見が相次いだ。小林さんは「ノーベル賞を極端にありがたがるのは、日本人の遅れた発想だ」とも述べ、従来の科学技術政策を「基礎研究偏重」と批判した。

 三菱ケミカルホールディングス(HD)会長も務める小林さんは、博士号を持つ研究者から経済団体トップに…

この記事は有料記事です。

残り2686文字(全文3012文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです