メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま/6 「出口」重視、変わる研究 50社アンケートからみる事業

 <科学の森>

財界、「基礎偏重」を批判

 「経営資源に限りがある中、研究開発についても、モノのサイエンスを扱う中央研究所的な領域から、別の新しい領域にシフトしていかねばならない」

 昨年11月にあった政府の総合科学技術・イノベーション会議の会合。議員の小林喜光・経済同友会代表幹事(72)が訴えると、他の議員からも「今までの延長線上でやっていても変わらない」(橋本和仁・物質・材料研究機構理事長)などと、同調する意見が相次いだ。小林さんは「ノーベル賞を極端にありがたがるのは、日本人の遅れた発想だ」とも述べ、従来の科学技術政策を「基礎研究偏重」と批判した。

 三菱ケミカルホールディングス(HD)会長も務める小林さんは、博士号を持つ研究者から経済団体トップに…

この記事は有料記事です。

残り2686文字(全文3012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです