メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま/6 「出口」重視、変わる研究 50社アンケートからみる事業

 <科学の森>

財界、「基礎偏重」を批判

 「経営資源に限りがある中、研究開発についても、モノのサイエンスを扱う中央研究所的な領域から、別の新しい領域にシフトしていかねばならない」

 昨年11月にあった政府の総合科学技術・イノベーション会議の会合。議員の小林喜光・経済同友会代表幹事(72)が訴えると、他の議員からも「今までの延長線上でやっていても変わらない」(橋本和仁・物質・材料研究機構理事長)などと、同調する意見が相次いだ。小林さんは「ノーベル賞を極端にありがたがるのは、日本人の遅れた発想だ」とも述べ、従来の科学技術政策を「基礎研究偏重」と批判した。

 三菱ケミカルホールディングス(HD)会長も務める小林さんは、博士号を持つ研究者から経済団体トップに上り詰めた異色の経歴を持つ。研究と経営の双方を知る小林さんの主張は、企業の研究開発の「転換」を強くうかがわせた。

この記事は有料記事です。

残り2630文字(全文3012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです