メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

注意報レベル 1週間で患者45万人

 厚生労働省は9日、今冬のインフルエンザの全国的な流行が、今後4週間以内に大流行となる可能性を示す注意報レベルを超えたと発表した。全国約5000の定点医療機関での1週間の患者が、1医療機関当たり10人を超えるのが目安。最新の1週間の集計(昨年12月24~30日)で11・17人になった。この1週間の推計患者数は約45万人。

     都道府県別では、10人を上回ったのは13都道府県で、多い順に、北海道32・07人▽愛知30・45人▽岐阜20・33人▽熊本14・53人▽三重13・68人▽福岡13・59人▽長野12・78人▽東京11・53人▽高知11・23人▽神奈川11・21人など。【野田武】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです