メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化/8(その2止) 「誰かがやらねば」 「自助」「共助」の先模索

ボランティアの将来について語る頼政良太さん(右)と村井雅清さん=神戸市兵庫区で2018年12月6日、山崎一輝撮影

 

 「子どもたちに食べ物を届けてほしい」

 のちに宿泊研修施設「モリウミアス」を開設する立花貴さん(49)を宮城県石巻市雄勝町と結びつけたのは、ある中学校長の必死の呼びかけだった。

 2011年3月。立花さんは東日本大震災の発生直後に東京から地元・仙台市に帰り、食料も物資も不足している各地の避難所の状況を目の当たりにした。若くして起こした食品流通会社を辞めてから企業アドバイザーをしていた立花さんは、自己資金に加え、取引先からカンパを得て、マイカーで東京との間を往復して食料を運んだ。その活動を、共通の知人を持つ雄勝中学校長(当時)の佐藤淳一さん(58)が知った。

 校舎が全壊し、内陸の仮校舎に移った生徒77人に市から配られていた給食はパン1個と牛乳。津波による犠…

この記事は有料記事です。

残り1485文字(全文1817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです