メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリード 炎の宿敵

「ロッキー」シリーズ最新作 クリード対ドラゴ 息子同士の戦いが熱い!

映画「クリード 炎の宿敵」の場面写真 (C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 シルベスター・スタローンさん主演の映画「ロッキー」シリーズ最新作「クリード 炎の宿敵」(スティーブン・ケイプル・Jr.監督)が11日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほか全国で公開される。2015年公開の「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。ロッキー(スタローンさん)の亡友、アポロ・クリードの息子アドニス(マイケル・B・ジョーダンさん)が、「ロッキー4/炎の友情」(1985年)で、父アポロを死なせたイワン・ドラゴの息子ヴィクター(フロリアン・ムンテアヌさん)との戦いに挑む。「スピードのクリード」と「パワーのドラゴ」、若い2人の戦いが熱い! 

 ロッキーのサポートで一人前のボクサーに成長したアドニス。フィラデルフィアのニューヒーローとたたえられる彼を苦々しい思いで見つめる男たちがいた。アドニスの父アポロを倒し、死に追いやった旧ソ連のボクサー、イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレンさん)と、息子ヴィクターだ。ほどなくしてドラゴ父子は、ロッキーとアドニスに挑戦状を突きつける……というストーリー。

 展開はおおむね予測できたが、ハマった。要因の一つはドラゴ父子のそつのない描き方。困窮する生活の中で、ロッキーへの復讐(ふくしゅう)の機会を虎視眈々(こしたんたん)と狙ってきたイワンは、息子を半ばマシーンのように扱い、鍛え上げている。そんな父を愛するがゆえに期待に応えようとするヴィクターが哀れで、敵とはいえ同情せずにはいられなかった。

 一方、ヴィクターとの戦いに臨むアドニスのトレーニング風景は、かつてのロッキーを彷彿(ほうふつ)させ、胸に迫るものがあった。ロッキーのアドニスへの“親心”にも泣けた。アドニスの養母メアリー・アン(フィリシア・ラシャドさん)の存在も光った。夫アポロの激闘を支えた女性だけあり、肝の据わり方は天下一品だ。(りんたいこ/フリーライター)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです