メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

約束のネバーランド

謎解きで鬼を倒せ! テレビアニメ放送&新刊発売記念キャンペーン実施

「約束のネバーランド」のキャンペーン「#約ネバ書店鬼バトル」のビジュアル (C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のマンガ「約束のネバーランド」のテレビアニメの放送開始と、コミックス最新12巻(4日発売)の発売を記念したキャンペーン「#約ネバ書店鬼バトル」が11日にスタートした。キャンペーンは全国約2500軒の書店と連動したもので、スマートフォン専用のウェブサイト「#約ネバ書店鬼バトル」上で実施。劇中に登場する鬼との謎解きバトルが楽しめる。31日まで。

 キャンペーンは、スマートフォンの位置情報を使って、近くの書店に潜む鬼を探し出し、鬼と遭遇すると謎解きバトルが開始。鬼からの謎に答えて、正解するとバトルに勝利となる。鬼を倒すと、結果をTwitterでシェアできるほか、主人公・エマたちからのメッセージが聞けるスペシャル動画を見ることができる。また、モールス信号を使った隠しコマンドもあり、作品の世界観をより楽しめる内容となっているという。

 「約束のネバーランド」は、白井カイウさん原作、出水ぽすかさん作画のマンガ。小さな孤児院、グレイス=フィールドハウスで幸せに暮らすエマ、ノーマン、レイがある日、孤児院とママ(育ての親)に隠された衝撃の真実を知り、生きるため、“脱獄”を決意する……というストーリーで、ミステリー、サスペンス、知略戦が展開されている。2016年8月に連載が始まった。テレビアニメはフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」ほかで放送中。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです