メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生駒里奈

今年の目標は「生き残る」 乃木坂46の活躍は「刺激というよりうれしい気持ち」

舞台「トゥーランドット~廃墟に眠る少年の夢~」の公開ゲネプロ後の会見に登場した生駒里奈さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーの生駒里奈さんが10日、サンシャイン劇場(東京都豊島区)で開かれた舞台「トゥーランドット~廃墟に眠る少年の夢~」の公開ゲネプロ後の会見に登場。今年の目標を聞かれた生駒さんは「(芸能界を)生き残る。それだけです」と笑顔で語った。

 昨年12月31日と今月1日は舞台げいこが休みだったといい、その2日間をどう過ごしたかを聞かれた生駒さんは「紅白(歌合戦)は見ていました。乃木坂46はよかったです。レコ大(日本レコード大賞)はニュースで」と振り返った。昨年は自身が乃木坂46のメンバーだったことを指摘されると「そうなんですよね。すてきなご縁だと思います」と話した。

 乃木坂46の活躍が自身の刺激になるかという質問には「刺激というより『うれしい』という気持ちが大きいですね」と明かし、「私は張り合うよりは、個体(私自身)をどう売るか。乃木坂46はファンとして、私を癒やしてくれる存在です」と説明していた。会見には、松田凌さん、井俣太良さん、脚本・演出を担当した毛利亘宏さんも出席した。

 「トゥーランドット」は、劇団「少年社中」の第36回公演。トゥーランドット姫が世界を統治し、人々が感情も失う管理社会となっていたが、姫はその世界に疑問を感じ、管理社会を壊そうとするレジスタンスの少年カラフと出会う。カラフは昔に禁じられた「演劇」で世界を変えようとし、2人は恋に落ちる……というストーリー。10~20日にサンシャイン劇場などで上演される。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです