メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野沢雅子

劇場版「ドラゴンボール」の激しいバトルも「今回は楽」

「ドラゴンボール超 ブロリー」の応援上映に登場した野沢雅子さん

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督)の応援上映が10日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、主人公・孫悟空などの声優として知られる野沢雅子さんが登場した。劇場版は激しいバトルシーンも話題になっており、野沢さんは収録について「台本を見ていたらできない。台本を覚えていました」とコメント。テレビアニメ版では、悟空とゴクウブラックのバトルシーンで、野沢さんが一人二役に挑戦したこともあったため「今回は自分同士じゃないから楽なんですよ」と話した。

 また、テレビアニメの悟空とゴクウブラックのバトルシーンを「悟空とゴクウブラックが戦うと、自分でやって、自分でやられることもあって、私一人で『ウワー!』って言ったり」と振り返った。

 劇場版では、悟空が自身を「カカロット」と名乗るシーンも話題になっており、「初めてなんですよ。あれ、言ってないわ!って。(悟空が名乗る時は普段)『オッス!オラ悟空』ですもんね」と語った。

 劇場版は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードで、原作者の鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がけた。人気キャラクターのブロリーが、孫悟空の前に立ちはだかり、サイヤ人の歴史も描かれている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです