メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イモトアヤコ

「家売るオンナの逆襲」での演技に反響 「急にイッテQ感」「演技の幅がすごい」(ネタバレあり)

連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」に出演するイモトアヤコさん

 北川景子さん主演で、イモトアヤコさんも出演する連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系・水曜午後10時)の第1話が9日に放送された。北川さん演じる三軒家万智が、イモトさん演じる白洲美加に、“ある料理”を食べさせる場面があり、SNSでは「イッテQ思い出してしまった笑」「急にイッテQ感でたーー」などの声が上がった。

 ドラマは、2016年7月期に放送され、17年5月にスペシャルドラマが放送されるなど人気を博した連続ドラマ「家売るオンナ」の続編。「ふたりっ子」「功名が辻」「セカンドバージン」「大恋愛~僕を忘れる君と」などを手がけた大石静さん脚本のオリジナル作品。「私に売れない家はない!」と豪語し、客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、あらゆる手段を使って解決することで、どんな客にも必ず家を買わせてしまうスーパー営業ウーマン・三軒家万智の活躍を描く。

 第1話は、天才的不動産屋・万智と、その夫で課長の屋代(仲村トオルさん)が、古巣・テーコー不動産の新宿営業所に戻ってくる。復帰早々、“家爆売りモード”全開の万智は、自称「三軒家チルドレン」こと庭野(工藤阿須加さん)が担当していた客・花田夫妻に目をつける。一方、新宿営業所には、炎上系ユーチューバーのにくまる(加藤諒さん)が来店し、担当した足立(千葉雄大さん)に「世間から自分を守る家」を探してほしいと話す。その夜、足立は、趣味のフェンシングクラブで謎に満ちた美しい男・留守堂謙治(松田翔太さん)に出会うが……という展開だった。

 劇中では、イモトさん演じる美加が、万智から「芋虫の天ぷら」や「ミミズのラーメン」を食べさせられる場面があり、SNSでは「イッテQでもドラマでもゲテモノ食わされるイモト」「完全にイモトだった」「イモトさんが芋虫の天ぷら食べて絶叫してたのほんと笑った」などの声が上がった。

 また、昨年10月からTBS系「日曜劇場」枠で放送されたドラマ「下町ロケット」で、イモトさんは天才エンジニアと呼ばれていた島津裕を演じていたことから、「イモトさんの演技の幅がすごい。先週まで見ていた下町の島津さんの知性と落ち着きが完全に打ち消されている」「下町ロケットのときのイモトと、家売るオンナの白州ミカの差」とそのギャップに驚きの声も上がっていた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”
  3. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. 戒告処分 相談軽視の発言 長崎市立中の女性教諭 /長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです